『アマゾン』・『アマゾンプライム』のことなら【あまぞんギーグス】!!

妖樹

目次

アールキング

アールキングはドイツの「シュバルツバルト(黒い森)」に現れるという悪しき樹霊。

「シュバルツバルト」は、ドイツ語で”黒い森”という意味。

アールキングという名前には「ハンノキの王」という意味を持ち、 「シュバルツバルト(黒い森)」 に自生する樹木・「ハンノキ」の支配者とされた。

「ハンノキ」とは湿った土壌に生え、痩せた土地でも成長するとされる強い樹木のこと。

また、森に訪れた人間を巧みに惑わしては破滅へ導くとされ、悪意に満ちたものとされる。

女神転生シリーズにおいて

デビルサマナー ソウルハッカーズ(1997年)』にて初登場。

シリーズでは”妖樹”種族の高位悪魔としてよく登場する。

主に爺さん口調で話し、HPが高い。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アルラウネ

アルラウネ
アルラウネ 旧
アルラウネ
アルラウネ 旧
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

アルラウネは、美しい女の姿をした呪いの”樹霊”。

根茎が人のような形の植物・マンドラゴラ(マンドレイク)を「ドイツ語」に直した呼び名で、同じ存在。

アルラウネは「絞首台」で亡くなった「無実の死刑囚」の”涙”や、「死刑囚」たちの身体から排泄された「精子」から生まれるといい、その姿は「釣り鐘」の形をした”紫色の花”と”オレンジ色”をした実を持ち、根の形が「人の形」をしている植物だという。

また、引き抜くときに「死に至る叫び声」をあげることで知られているが、「実」の部分が「麻薬」や「催眠剤」・「万病」に効く「霊薬」になるとされているため、古来より多くの人間が危険を冒してまで手に入れようとしたされる。

ちなみに「マンドレイク」という植物は現実に実在します。でも、引き抜くときに「死に至る叫び声」などはあげません。

元々は『ゲルマン神話』に登場する悪しき女性霊・アルラウンのことともされ、その名は「秘密に通じる」・「女の妖精」という意味をもつ。

『ゲルマン神話』は、「キリスト教徒化」される前のゲルマン人の信仰に基づく神話。

ゲルマン人は、現在のドイツ・オーストリア・オランダ・イギリス・デンマーク・スウェーデンなどに多く居住している民族。

身体的な特徴は、長身、ブロンドの髪、碧眼、高い鼻などがあげられる。

有名どころでいえば、「ドイツ」の独裁者であったヒトラー

よく色々なゲームに登場し、現在では引っこ抜くと悲鳴を上げる植物=マンドラゴラ(マンドレイク)、花系女性モンスター=アルラウネという使い分けがされている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『デジタル・デビル物語 女神転生(1987年)』と古参悪魔。種族は”幻魔”だった。

現在のメインイラストは『デビルサマナー ソウルハッカーズ(1997年)』からで、種族も”妖樹”に変更される。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次