威霊

アリラト

アリラト(またはアッラート)はイスラム教以前のジャーヒリーヤ時代にアラビア地方で古くから崇拝され続けてきた古代宗教の母神で、アリラトマナート、アル・ウッザーと共に、最高神アッラーフ(あるいはアッラー ※唯一神ヤハウェに対するアラビア語呼称のひとつ。)の三人の娘の一柱とされていた。
その名はアッラーフの女性形で「女神」という意味。

カーバの地(サウジアラビアのマッカにあるマスジド・ハラームの中央に位置する建造物)に四面の黒い石柱を本体として祀られていたとされ、アリラトの息子である山と星の神ドゥスラと共に、砂漠の遊牧民たちの崇拝を集めたと言われる。

また、原始の月の神、ぶどう酒の守護神であったとされる。

女神転生シリーズにおいて

デビルサマナー ソウルハッカーズ」にて種族”威霊”として初登場。最近のシリーズでは”地母神”として登場する。
”慰霊”や”地母神”の種族の中でも最上位の存在もしくは高レベルの悪魔として登場し、主に回復や補助として活躍する。


アリラトの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」