怪異

マッドガッサー

マッドガッサー

マッドガッサーは1933年の12月22日夜にアメリカのバージニア州に突如現れ、有毒ガスをまき散らし、人々を苦しめたといわれる怪人。

背が高く黒づくめの恰好をしているとされている。

夜がふけたころに甘い匂いを持つ毒ガスを撒くらしく、ひとたび吸ってしまうと激しい頭痛にしびれ、吐き気を引き起こすとされ、重症になる人は意識を失った。

数ヶ月にわたりバージニア州では同様の被害を訴える者が続出し、様々な目撃情報や痕跡(筋肉質の男や女性の靴跡があったなど)があったものの犯人は捕まらず迷宮入り。

自身の存在が忘れられた頃になると姿を現し、約10年後の1944年9月1日、イリノイ州マトゥーンでも同様な被害の報告があり、騒ぎとなった。

しかしその姿を正確に見たものはほとんどおらず、多くの被害者を出した怪事件ではあるが死者は出ていない。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『デビルサマナー ソウルハッカーズ

相手を麻痺させる「パララマ」や毒属性の特技「ベノンザッパー」、敵全体に毒状態を付加する「毒ガスブレス」など状態異常系のスキルを持つ。

マッドガッサーの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

かみおとこ

「噛み男」
昭和時代の怪奇実話を紹介する書籍に掲載された怪異。

時間や場所を選ばず、人間に嚙みついて襲ってくる迷惑な存在。
かみおとこ」と呼ばれているが実態を持たず、その姿を見たものがいないため男かどうかも定かではない。

かみおとこの存在は、被害にあった人間に残された噛み跡と、その場に残された異臭を放つ青色の液体だけでしか確認できないという。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『デビルサマナー ソウルハッカーズ』。
種族は”怪異”。

おじいちゃん口調で会話し、見た目は口がついている複数の空飛ぶ球体で、スキルは見た目通りの「かみつき」を持つ。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」