珍獣

イナバシロウサギ

イナバシロウサギ

イナバシロウサギは、因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)がモチーフ。

古事記や、出雲神話(いずもしんわ)に登場するずる賢いウサギ。

ずる賢いエピソードとオオクニヌシ

あるとき、隠岐諸島(おきしょとう ※島根県半島の北方約50 kmに位置する島々)から因幡の国(いなばのくに ※現在の鳥取県 東半部を占めた国)に渡ろうとしたイナバシロウサギは、ワニザメに

「ワニザメさんを数えてあげましょう」

と並ばせ、その上を跳んで数えるフリをして海を渡ろうとした。

しかし、渡り切ったところで騙していたことを自ら明かしたため、一番近くにいたワニザメに皮を剝ぎ取られてしまう。

しかも、たどり着いた淤岐ノ島(おきのしま ※鳥取県の島)で身の皮が裂けて苦しんでいるところ、偶然通りかかった八十神(やそがみ ※オオクニヌシの兄弟にあたる神)たちが苦しんでいるウサギをからかい、

「海塩を浴び、山の頂で、強い風と日光にあたって、横になっていることだ」

と間違った治療法を教え、それを信じてみると塩が傷口に染みてさらに痛い目をみる。

しかし、後から来たオオクニヌシ

「真水で体を清め、蒲(がま)の花を敷き詰めてそこで寝ると良い」

と正しい傷の治療法を教えられると、傷口が癒えて回復したのだった。

そして、オオクニヌシと八十神(やそがみ)たちが因幡国(いなばこく)の八上比賣(ヤガミヒメ)に求婚しに行く途中だと知った兎は

「ヤガミヒメ様は、心優しい貴方様をお選びになるでしょう」

と予言し、見事に的中させたという。

現在ではそのエピソードから”縁結びの神”としてかなわぬ恋をかなえ、特定の人との親交をより深める白兎神(はくとしん)として鳥取県鳥取市に所在する「白兎神社」などに祀られている。

女神転生シリーズにおいて

メガテンシリーズでは、中位レベルの悪魔として主に登場。

イナバシロウサギの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」