鬼女

クロト

クロートーもしくはクロトはギリシャ神話で運命の三女神とされるモイライ(モイラは元々「割り当て」という意味で、人間にとっての寿命、死、生命などに割り当てられ、関連付けられた。モイライは複数形の意味。)の一柱。

その名は、「紡ぐ者」を意味しクロトは モイライの中では長女にあたる。ニュクスの娘。


人間の運命を司る役目をゼウスより任されていおり、人間個々人の運命は、糸の長さやその変容で考えられ、彼女らが手にする糸に支配されている。彼女らが下した運命は、ゼウスですら覆すことはできない。


クロトは運命の糸の「紡ぎ手」にあたり彼女が手にする糸巻き棒から引き出し紡いで運命の糸とする。そのためクロトは生ある者の現在を司る。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「偽典・女神転生」。
この時は両腕が翼になった灰色がかった女性の姿で、種族も”凶鳥”だった。
真・女神転生Ⅲ」より種族”鬼女”として現在の姿になりラケシスアトロポスと共にモイライ三姉妹として人修羅の前に立ちはだかる。

クロトの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ラケシス

ラケシス

ラケシスはギリシャ神話で運命の三女神とされるモイライ(モイラは元々「割り当て」という意味で、人間にとっての寿命、死、生命などに割り当てられ、関連付けられた。

モイライは複数形の意味。)の一柱。その名は「配給者」すなわち「運命を割り当てる女」という意味を持ちラケシスは モイライの中では次女にあたる。ニュクスの娘。


人間の運命を司る役目をゼウスより任されていおり、人間個々人の運命は、糸の長さやその変容で考えられ、彼女らが手にする糸に支配されている。彼女らが下した運命は、 ゼウスですら覆すことはできない。


ラケシスは運命の糸の「長さを測る」役目を担っており、 クロトが紡いだ糸の長さを測り定めることにより全ての人間の一定量の寿命を決定する。 そのためラケシスは生ある者の生きてきた過去を司る。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「偽典・女神転生」。
この時は両腕が翼になった青色がかった女性の姿で、種族も”凶鳥”だった。
真・女神転生Ⅲ」より種族”鬼女”として現在の姿になりクロト アトロポスと共にモイライ三姉妹として人修羅の前に立ちはだかる。

ラケシスの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アトロポス

アトロポス

アトロポスはギリシャ神話で運命の三女神とされるモイライ(モイラは元々「割り当て」という意味で、人間にとっての寿命、死、生命などに割り当てられ、関連付けられた。モイライは複数形の意味。)の一柱。

その名は「変えるべからざる者」もしくは「不可避の者」という意味を持ちアトロポスは モイライの中では末女にあたる。ニュクスの娘。


人間の運命を司る役目をゼウスより任されていおり、人間個々人の運命は、糸の長さやその変容で考えられ、彼女らが手にする糸に支配されている。彼女らが下した運命は、 ゼウスですら覆すことはできない。


アトロポスは運命の糸の「断ち切る」役目を担っており、 運命の糸を ラケシスが定めた長さに断ち切る。右手にはその為のハサミを握っており、アトロポス により全ての人間の寿命の終わりを決定する。そのためアトロポスは生ある者の死の未来を司る。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「偽典・女神転生」。
この時は両腕が翼になった赤色がかった女性の姿で、種族も”凶鳥”だった。
真・女神転生Ⅲ」より種族”鬼女”として現在の姿になり クロト ラケシスと共にモイライ三姉妹として人修羅の前に立ちはだかる。

アトロポスの関連動画

ランダ

ランダ
ランダ 旧Ver
ランダ
ランダ 旧Ver
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

インドネシアやバリの神話に登場する魔女。
バリ・ヒンドゥーの悪の側面を象徴している。
人を恨むなどして正義の道から踏み外れた女性の魔法使いが、ランダになるとされていて、ランダは黒魔術を用いて、災害を引き起こしたり、疫病を撒き散らしたりする。
更に人々に直接呪いをかけ悪霊を遣わすこともある。


善人にとっては恐ろしい殺戮者であり、醜い老婆として見えるが、魔術を志すものにとっては絶大な力と絶世の美を兼ね備えた妖艶な美少女に見えるらしい。
同じくバリ島に伝わる神獣バロンと対を為す存在であるとされ、互いに輪廻転生を繰り返しながら、永遠に善と悪の戦いを繰り返すとされる。

女神転生シリーズにおいて

”鬼女”種族の最高位クラスの悪魔。
シリーズでは物理反射の耐性を持つ悪魔として有名。
バロン ランダを合体させると、通常の合体法則を無視して
シヴァができる、というのはメガテンシリーズのお約束。

ランダの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

クレオパトラ

古代エジプトのファラオ(女王)。

世間一般に「絶世の美女」と認識され、世界三大美人の一人に数えられているのは、クレオパトラ7世のこと。

クレオパトラ7世は古代エジプトを270年以上も支配した、プトレマイオス朝最後の女王で、「絶世の美女」として知られており、人を惹きつける魅力的な話術と、小鳥のような美しい声で数カ国語を話せる賢い女性であったと伝えられている。

入浴の際はバラのオイル、ヤギのミルクなどを入れ、肌や爪にハチミツ、アロエなどを塗ったりするほど、日ごろから美容に気をつかっていた、という世界三大美人に相応しい”美にまつわる話”が数々残されている。

ただし、クレオパトラの肖像は治世当時、アントニウス(古代ローマの将軍,政治家)が発行したとされている硬貨に横顔が残されているのみであり、この評価は後世の作り話だとの説がある。

エジプトの女王だったということで、映画や芸術作品においては肌の色の濃い”オカッパ頭”のエキゾチックな美女といった容姿で描かれることが多いが、近年ではプトレマイオス朝はギリシア人の家系であったので彼女の容貌は「ギリシャ的」だったとも言われており、同時代のクレオパトラの肖像としては、ギリシア風の巻き毛スタイルとエジプト風のオカッパスタイルの両方が残っていて、彼女本人の遺体などは見つかっておらず、本当の姿は謎。

生涯

弟と古代エジプトを共同統治していたが、排斥されて王位を失う。のちに、”ローマの政治家と将軍”であるカエサルの力を借りて復位し、エジプト統一を果たす。
カエサルを暗殺後(殺される際のカエサルが放った「ブルトゥス、お前もか 」というセリフが有名。)、アントニウス(カエサルの元幕僚で後継者)と結婚したが、彼の敗死とともに蛇に噛まれて自殺する。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生ⅣFINAL』のDLC(ダウンロードコンテンツ)で、種族は”女神”。最近の悪魔で、二代目悪魔絵師こと”土居政之”氏によってデザインされた。

ギリシャ人の血を引いていたという話に従って従来の褐色肌で、おかっぱ頭の姿ではなく白人のように描かれている。

真・女神転生Ⅴ』でもDLCで登場し、種族は”鬼女”に変更された。メフィストと同じくDLC専用悪魔、いわゆる「有料悪魔」として定着してきている。

真・女神転生Ⅴ』ではボスにも通用する、魅了付与&敵全体の攻撃力と防御力を2段階下げる専用スキル「ファイナルヌード」が強力で耐性も優秀な為、最強の悪魔の一角。(さすが有料悪魔)

クレオパトラの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

マーメイド

マーメイドは水中に生息すると考えられた伝説の生物である女性の人魚のこと。
男性はマーマンと呼ばれる。

水域に棲み人と魚の特徴を併せ持つという大まかな共通点はあるが、伝承されてきた土地によりその形状や性質は大きく異なる。

ヨーロッパの人魚は、上半身がヒトで下半身が魚類のことが多い。裸のことが多く、服を着ている人魚は稀である。

マーメイドの歌声には、聞いた者を魅了する力が備わっているとされ、大航海時代にはその歌により船が難破させられると、恐れられていたという。

そのような伝承などから、海で生計をたてる者にとってマーメイドは不吉の象徴とされ、嵐や不漁の前兆として忌避されることが多い。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生Ⅳ FINAL』で、種族は”鬼女”。
最新作『真・女神転生Ⅴ』にも登場しており、「嵐からの歌声」という専用スキルを持っていたり、サブクエストにも登場したりと優遇されている。

マーメイドの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

リャナンシー

リャナンシーはアイルランドの妖精で、人間の女性に似た姿で現れるとされている。

名前には「妖精の恋人」,「妖精の愛人」という意味があり、愛を求めて人間の男に言い寄り、恋人となった男性の生命を吸い取ることで生きている。

生命を吸い取る対価として、男性に音楽や作詩、絵画などのあらゆる芸術や才能と霊感を与えるが、男性の生命を吸い続ける為、早死にさせてしまうという魔性の妖精。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生デビルサマナー』。種族は”鬼女”。

魔力が高く、攻撃魔法や回復魔法のスキルを所持しており、シリーズにもよるが主に序盤に活躍してくれる。

リャナンシーの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」