狂神

アティス

正式名称はアッティス

プリュギア(古代の王国・現在のトルコ中西部にあったとされる)を起源とする死と再生を司る神。
地母神キュベレ(アグディスティス)の息子であり、彼女の一方的な愛人でもある。

両性具有の神であったキュベレ(アグディスティス)の切り取られた男根が落ちた場所に一本の木が生え、その木にアーモンドの木の実が実る。

偶然通りかかった娘ナナの手に取られ、それを胸に押し当ててみると姿が見えなくなり、彼女は何故か身籠る。やがて月が満ち、出産して誕生した男の子がアティスである。

丘のそばに捨てられたが、雄山羊(めすやぎ)の子供に拾われ育てられた。その後、人間の里親に引き取られ、長髪の美青年へと成長する。

美青年となったアティスに、自身の子供とは知らずにキュベレ(アグディスティス)は一目惚れするが、アティス本人の反応は冷たく、里親も人間の王女と結婚させようとする。

そして、王女との結婚が決まり、婚礼の歌が流れんとする際に、妬みに駆られ乱心したキュベレ(アグディスティス)が現れて、神の力でアティスの正気を失わせ、彼自身の手で自らの性器を切り落とさせた。

その去勢のせいで、アティスは死んでしまうが、結婚式にいた人々は助かる。そして、その浅はかな行為に後悔したキュベレ(アグディスティス)によってアティスは復活させられたという。

その後、アティスはその伝説から人々の救済のために死と復活を繰り返す救世主的な神として崇められことになる。

女神転生シリーズにおいて

デビルサマナーソウルハッカーズ』で初登場。

種族は”狂神”または”鬼神”。
解放に条件があったりと手間がかかる印象。

上記の死から再生する伝説から自身を生贄に味方を全回復するスキルや「不屈の闘志」(HPが0になっても一度だけ復活する)を持つことが多い。

アティスの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ディオニュソス

特に女性から熱狂的な信仰を集めた、ギリシャ神話の酒と豊穣の神。別名をバッカス(ラテン語でバッコス『騒々しい』の意)と呼ばれる。

ギリシャ神話の最高神ゼウスと、人間の王の娘セメレとの間に生まれる。

成長したのち葡萄酒の製法を発見し、ぶどう酒の製法とぶどうの木の栽培を人間に普及させた功績が認められて、ゼウスによってオリュンポス十二神の一員に任命された。

製造法と共に、自身の教えであるディオニュソス説を説いて回ることで人々の信仰を集め、酒の神から植物の神、文化の神へと変貌し民間で信仰されたオルペウス教(オルフェウス教とも)では最高神の地位まで昇り詰める。

女神転生シリーズにおいて

デビルサマナー ソウルハッカーズ』で初登場。種族は”狂神”。『真・女神転生Ⅲ『真・女神転生Ⅴ』での種族は”破壊神”。

酒の神という性質を持つため、魅了系のスキルを持つことが多い。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」