神獣

バロン

バリ島の森にすみ、現地の人々に長く信奉される偉大なる神獣。

多くの場合、全身に輝く鏡の小片をつけた白い体毛の獅子のような姿で描かれる。

かつては人間を襲う凶暴な存在であったが、人々の鎮祭によって改心し、あらゆる災害を防ぎ、邪悪な力を追い払う守護神となった。

善を象徴するものとして、対極をなす悪の鬼女ランダと決着することのない戦いをつづける運命を背負っている。

現地では210日に1度お祭りを催して、「バロン・ダンス」という舞台劇が行われるなど手厚く祀られている。

女神転生シリーズにおいて

回復役ワンちゃんで高レベルであることが多い。バロンランダを合体させると、通常の合体法則を無視してシヴァができる、というのはメガテンシリーズのお約束。

バロンの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アヌビス

アヌビス
アヌビス 旧
アヌビス
アヌビス 旧
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

エジプト神話の死者を導く冥界神。
死者の魂を裁く「オシリスの法廷」で死者の心臓の重さを量り、天国に行けるかどうかを判断する役目を担う。
容姿は犬もしくはジャッカルの頭部と、黒い皮膚をした半獣半人の姿で古代の壁画や伝承に描かれていることが多い。

アヌビスは、悪神セトの妻にして妹である女神ネフティスが兄の主神オシリスとの不倫によって身篭もった子で、セトが敵視していたオシリスの子である為、誕生後はすぐにネフティスによって葦の茂みに隠された。

オシリスセトの計略で殺された際には、彼にミイラの施術や防腐処置を施し、オシリスを蘇らせる際などにおいて重要な働き見せ、以来アヌビスは埋葬に必要なミイラ化の技術を司り、ミイラ作りを行う神官たちからは特に厚く信仰された。

女神転生シリーズにおいて

メガテンシリーズでは種族”神獣”の中位悪魔。

アヌビスの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」