天魔

アスラおう

インド神話におけるディーヴァ神族と対立する立場にあるアスラ族の大王。
サンスクリッド語で「偉大なるあまねく照らす者」という意味を持つ光明神「 ヴィローチャナ  ヴィローシャナ 」が真名。
この神格がペルシャに入るとゾロアスター教の主神アフラ・マズダになり、また仏教に入ると密教の最高神である大日如来となる。仏教が中国に伝わると、漢字を当てて「阿修羅(アスラ)」と表記される。

女神転生シリーズにおいて

女神転生」にて アシュラとして初登場。
真・女神転生」から現在のイラストの姿でCHAOS勢力の親玉として登場する。
種族はシリーズによって”邪神”、”天魔”、”破壊神”と様々。
メガテンでは本来の名である ヴィローチャナ ヴィローシャナ とは、アスラおうと表裏一体の存在として扱われていてそれぞれ別々の悪魔として存在する。
初期シリーズから要所要所に登場していて、崇拝される地域・神話によって、神・魔の立ち位置が著しく異なる彼のような存在は、メガテンシリーズそのものを象徴している、と言っても過言ではない。

アスラおうの解説動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

アスラ

アスラとは、インド神話における神族または魔族の総称。

血気盛んで闘争を好む鬼神の一種。
もともとは生命生気の「善神」を意味していたが、のちにインドラ神などの台頭とともに彼らの敵とみなされるようになり、戦いを挑む「悪魔」「鬼神」「悪神」の類へと追いやられた。
不死・不滅の存在ではないが、自らに想像を絶する厳しい苦行を課すことによって神々をも超越する力を獲得し、幾度となく神々 (ディーヴァ神族) から世界の主権を奪うことに成功している。
仏教では六道輪廻の中の一つに阿修羅界が位置づけられ、常に戦いを好む心の状態を指す。

女神転生シリーズにおいて

メガテンではアスラおうの部下として活躍するパワー系悪魔。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

マハカーラ

正式名称は『マハーカーラ』。
憤怒の顔をしたインドの退魔の魔神で、ヒンドゥー教、仏教と共通の神。仏教では大黒天の名で知られている。
妻はカーリー
破壊神シヴァの別名のひとつで、シヴァの夜の姿、シヴァが憤怒した相、シヴァが世界を最後の帰滅に導く時にとる姿だともいわれている。

“偉大”を意味する「マハー(Maha)」と“時間、暗黒、死”を意味する「カーラ(Kala)」の複合語で、“偉大なる時間(暗黒)”という名前の意味を持つ。

多くの剣を手にした恐ろしい姿をしているが、しかるべき供物をし、手厚く祀れば、信奉者に多大な福や富をもたらすという。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生」種族は”天魔”
どのシリーズにおいても”天魔”の中で高レベルの悪魔。
昔の作品では力や体の値が大きい物理アタッカーだったが、最近では火炎属性特価の魔法アタッカーとして登場する。

インドラジット

インドの叙事詩『ラーマーヤナ』に登場するラークシャサ(羅刹天)の王であるラーヴァナの息子。
ラークシャサ(羅刹天)の中でも随一の力と神々には殺せない不死の身体を持つ存在。

本来はメーガナーダ(「雷鳴」を意味し、その名の通り戦場で彼の動きを捉えることは困難だったという。)という名だが、神々との争いで神の王であるインドラシヴァから得た怪力で果敢に戦い、勝利した後に捕えて人質とすることに成功する。
その後、インドラの釈放を求めたブラフマー神から釈放の代わりにインドラジットインドラを打ち破るもの)の名と不死の身体の恩寵を授かり、これ以降メーガナーダインドラジットと呼ばれるようになる。

『ラーマーヤナ』の主人公であるラーマラクシュマナ(ラーマの弟で人間)、ハヌマーンと長い激闘を繰り広げるが、神々がラーマに味方して、ラクシュマナにかつてアスラを滅ぼす際に用いられた矢(不死の効果を消す)を与え祈りと共にその矢を弓につがえて放つと、インドラジットの頭部を貫き、粉々に砕かれ死亡した。

女神転生シリーズにおいて

初登場は「真・女神転生」で、種族は“天魔”。
ストーリーでは都庁においてカオス陣営の父・ラーヴァナと共にロウ陣営に与するヴィシュヌと攻防を繰り広げている。ロウルートではラーヴァナを撃破した直後に現れ、父の仇を討つために主人公たちと交戦する。
後の作品でもちょこちょこ登場し、種族は“破壊神”、“邪神”などに変更される。
また、シリーズ通して電撃属性に特化した能力・スキルを持つ。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ヤマ

ヤマはインド神話に登場する死の神であり、司法・冥界の神。「死者の王」、「閻魔天」ともよばれる。

ヤマは人間で最初の死者となり、死者が進む道を見いだし、死者の国の王となった。インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされており、そこは死者の楽園で長寿を全うした後にヤマのいる天界で祖先の霊と一体化することは、理想的な人生だと考えられていた。
後世になると死者の生前の行為により刑罰を与える裁きの神として描かれるようになり、このヤマの姿から仏教に取り入れられ地獄にいる閻魔大王の姿が確立したとされる。

女神転生シリーズにおいて

真・女神転生」で初登場。種族は”天魔”。
仏教の閻魔大王のようなデザインであり、メシア教徒を裁くカオス勢力の裁判官として登場する。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」