妖精

ジャックフロスト

ジャックフロストは雪と氷でできた体をもった「霜(しも)の精霊」。

冬になると現れ、春になると溶けて消えてしまう。

笑いながら冷気を吐き、人々を凍らせてしまう恐ろしい性質を持つが、その姿はとても可愛らしい。

元々は恐ろしい外見をしていたとされ、その姿は「小人」・「老人」・「雪だるま」など諸説あり、現在のような愛らしい姿に変化したのは人間を油断させ、より効率よく凍らせるためだと言われている。

女神転生シリーズにおいて


初登場は『女神転生Ⅱ(1990年)』で、それ以降、全作品に登場している『女神転生シリーズ』のマスコットキャラクター。

またゲーム以外でも、1995年に「ATLUS(アトラス)」と「セガ」の共同開発で製品化して大人気となった「プリント倶楽部(日本初のプリクラ」にも登場。

操作説明をするキャラクターとして登場し、『女神転生シリーズ』を知らない人々には「プリクラ君」・「プリクラ太郎」という愛称で呼ばれていたという。

デザインは悪魔絵師・「金子一馬(かねこ かずま)」氏で、最初からマスコットキャラクターになることを狙ってデザインしたらしい。

シリーズでは、序盤の低レベル悪魔として登場。氷結系スキルを得意とし、炎が弱点なのがお決まりである。

基本的に可愛らしい見た目に無邪気な雰囲気を持つが、性格はけっこう生意気。

語尾に「~ホ」をつけた口調が特徴的で、時に鋭い言葉を投げかけたり、悪魔のため機嫌を悪くした勢いや理不尽な理由で相手を殺そうとする残忍さも持っている。

しかし人間に憧れて、その真似をするなど純粋で好奇心旺盛なところもあり、なぜか憎めない。

その一筋縄ではいかないキャラクターが人気で、キングフロストじゃあくフロストなど、最も多くの派生悪魔が登場していてる。

また相棒のジャックランタンとは仲が良く、コンビで登場することが多く、二人が主役の無料メガテンアクションゲーム『真・女神転生SYNCHRONICITY PROLOGUE(2017)』も開発されている。

(※ 現在はダウンロードできません)

ATLUSの新作が発売されるとなると、よく広報に出されており、『女神転生シリーズ』のみならず「ATLUS看板悪魔」である。

ジャックフロスト の解説動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ジャックランタン

ジャックランタンは、イングランドに伝わる鬼火の姿をした精霊。

元々はイギリスのコーンウォール地方の「ウィル・オ・ザ・ウィスプ」と呼ばれる鬼火であり、さまよえる死者の魂とされる。

その姿は「ハロウィン」のかぼちゃ灯火のお化けとして、一般にもよく知られている。

夜になると現れ、道行く人を驚かしたり、誘い込んで道に迷わせたりするとされる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『デジタル・デビル物語 女神転生II(1990年)』。種族“外道”の悪魔。

真・女神転生(1992年)』で種族が“妖精”になり現在のデザイン、ヒーホー口調を手に入れる。

序盤の火炎スキル持ち仲魔として活躍する。

メガテンシリーズではジャックフロストの相棒。

ジャックランタンの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ピクシー

ピクシーの画像
ピクシー おかっぱ
ピクシー 頭巾
ピクシー
ピクシー2
ピクシー3
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

ピクシーはイギリス南西部に棲む、いたずら好きの小型の妖精。

外見については、伝わる地方によってまちまちであるが、陽気でいたずら好きの性格は概ね同じ。

代表的な”いたずら”に「ピクシー・レッド」と呼ばれるものがあり、人間に同じ場所を、輪を描くように延々と歩き続けさせるという。

また人間にいたずらを仕掛ける一方で、農作業の手伝いをする面などもあり、良い精霊として受け入れられている。

女神転生シリーズにおいて

メガテンシリーズにおける「ヒロイン悪魔」といっても過言ではないATLUS看板悪魔の一体。

最初のチュートリアルにて仲魔になり、一緒に戦うことが多い。

序盤の魔法・攻撃・回復役として活躍し、その愛らしさで最後までピクシーと共にゲームクリアを目指すものも少なくない。

ピクシーの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

オベロン

オベロン
オベロン 老人ver   真・女神転生ⅣやSTRANGE JOURNEY等で登場する。
オベロン
オベロン2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

オベロンは西洋の伝承に登場する妖精たちの王で、妖精の間で起こる全ての祭事を司っている。

妻は妖精の女王であるティターニア

幼いころに受けた呪いによって、体の大きさが少年のままで止まっているが、実は年長者。

その姿は身長が1メートルほどの「醜い老人」か、「端正な小人」とされる。

魔法を使うことにも長けており、会話をした人間を永久に支配することもできると言われている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生(1992年)』で、”妖精”種族の最上位悪魔。

他のメガテンシリーズでも、主に“妖精”種族最上位の悪魔として登場している。

高い魔ステータスと攻撃、回復、補助スキルをバランスよく所持するので中々使い勝手が良い。

イベントなどでは、よくティターニアと夫婦喧嘩をしていることが多い。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ティターニア

ティターニア
ティターニア 淑女ver   真・女神転生ⅣやSTRANGE JOURNEY等で登場する。
ティターニア
ティターニア2
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

ティターニアは西洋の伝承に登場する妖精で、月夜の森の支配者であり、妖精の王オベロンの妃。

ティターニアの起源は、ローマ神話の月の女神ダイアナにあると言われており、花の妖精たちを共につけ、月明かりから魔法を紡ぐという。

シェイクスピアの「真夏の世の夢」によって、妖精の女王としての認知が定着したと言われる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生Ⅱ(1994年)』で、種族は”妖精”。

メガテンシリーズでは、夫であるオベロンよりも高いステータスとなっており、豊富な魔法・回復・補助スキルを所持する万能悪魔。

しかもオベロンを差し置いて、”妖精”種族の最上位クラスとして扱われることが多い。

この仲魔を作成すると安定してダンジョンを攻略できるので作って損することはまずない御方である。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ハイピクシー

ハイピクシーは妖精ピクシーの群れの中で、上位に位置する存在。

魔力や統率力を持ったピクシーハイピクシーと呼び分けられる。

ピクシーたちの住んでいる遺跡や洞穴などを警護し、外からの攻撃から守る役割を担っていると考えられる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生Ⅱ(1994年)』。もちろん種族”妖精”。

真・女神転生Ⅲ(2003年)』ではピクシーを一定レベルまで育てると変化させることができ、さらに育てると夜魔クイーンメイブに変化させることが可能になる。

デザインは「金子一馬(かねこ かずま)」氏で、上位種としての「HIGH(ハイ)」と「HIGH(ハイ)になっている」をかけて、髪を立てたイギリスのパンク風女性をモチーフに描いたと語っている。

パンクロック姉さん。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

デモニホ

デモニホ

ジャックフロストがオリジナルの小さなスーツ(デモニカスーツ)に身を包んだ姿。

素性は一切謎に包まれているが、風の噂によると、かつては世界各地の作戦にこっそり参加して任務遂行率100%の伝説的な功績をあげていた兵士らしい。

最初は憧れだけでこのスーツを着ていたが、過酷な訓練の末、最強の兵士へと成長したと言われている。

姿はジャックフロストお馴染みの愛嬌ある外見をしているが、ナメてかかった者は、泣いたり笑ったりできなくされる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生 STRANGE JOURNEY(2009年)』。

通常出現せず、悪魔全書のパスワードシステムに『ないたりわらったりできなくしてやる』のパスを打ちこむことで召喚できる特殊な悪魔として登場する。

追加要素を加えてリメイクした『真・女神転生 DEEP STRANGE JOURNEY(2017年)』にも登場し、主人公を『この牢獄(嘆きの胎)を生き抜く戦士に鍛え上げる』ために教官として様々な試練を与えていく「デモニホブートキャンプ」を行ってくれる。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ケルピー

ケルピー

ケルピーは、スコットランドの伝承に登場する妖精。または水棲馬(ウォーターホース)。

スコットランド地方の水辺に棲み、姿形は、はっきりわからないが、主に馬に似た姿をしていると伝わる想像上の生き物。

寄り添ったり、背中を見せて乗るように促したりして旅人や子供を誘い、その誘いに乗った者を水の中に引きずり込んで溺死させるという。

水中に引き込まれた人間は人肉を好むケルピーに食べられてしまうが、肝臓は食べないので、肝臓以外は遺体があがらないという。

しかし、従わせることができれば、ケルピーは最高の駿馬(しゅんめ)として忠実に働くとされる。

但しあまり酷使するとケルピーに恨まれ、後々まで呪われる羽目になる。

女神転生シリーズにおいて

初登場はファミコン版の『女神転生(1987年)』と古参悪魔。
種族は合体専用の”精霊”。

真・女神転生(1992年)』以降は種族”妖精”となり、『真・女神転生Ⅲ(2003年)』で現在の緑色の体色の上半身だけが存在する馬の姿をしたデザインとなった。

ケルピーの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」