夜魔

リリス

リリスの画像
リリス 旧Ver
リリス「真・女神転生Ⅳ」Ver
ユリコ(リリス)
リリス
リリス2
リリス 3
ユリコ(リリス)
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

リリスは『ユダヤの伝承』において男児を害すると信じられていた女性の悪霊。

男子なら8日間、女子なら20日間、私生児(夫婦以外の関係から生まれた子ども)だったら一生の間、リリスはその運命を好きにすることができるという。

また『旧約聖書』では、神によってアダムとともに土よりつくられた2番目の人間であり、最初の女性とされた。
(中世(11世紀後半~16世紀あたり)に誕生した説で、この説が最も有名)

アダムの最初の妻となったが、後に「楽園」を出て”夜魔”と化し、サマエルの伴侶とされたり、サタンの妻になったという。

堕落と追放の経緯に関しては諸説あるが、総じて不貞の象徴として描かれる存在。

しかし現代では”性差別による不当な扱いや不利益を解消しようとする思想や運動”である「女性解放運動(フェミニズム)」の象徴の一つとなっている。

『旧約聖書』における最初の女性としてのリリス

リリスアダムとの間に多くの子を生んだが、彼女に対してなんの遠慮もないアダムに腹を立て、神に同じ土から生まれた両者は対等であることを主張する。

しかし、神やアダムがそれを認めず、リリスは「楽園」を離れ紅海沿岸(こうかいえんがん ※アフリカ東北部と、アラビア半島に挟まれた湾)で沢山の悪魔と交わり、悪魔の子を産んだ。

だがリリスを失ったアダムは、孤独の寂しさから彼女を取り戻すよう神に懇願する。

そこで不憫に思った神はリリスの元に3体の天使を遣わして、「楽園」に戻って妻の役目を果たさなければ、毎日彼女の子ども100人を殺すと脅迫する。

しかしリリスはそれを拒否。

その態度に天使達はリリスを海に沈めようとするが、「私はこれから生まれてくるアダムの子を永遠に苦しめる。しかし、3人の天使たちの名の記された護符を目にした時には、子どもに危害を加えないでやろう」と逆に脅迫し、生き延びた。

そしてリリスを失い悲しむアダムを哀れんだ神は、アダムの肋骨から男に対して従順なイヴ(エヴァ)を創造し、アダムの下へ向かわせたという。

女神転生シリーズにおいて

種族”夜魔”に属する高位悪魔。

高い魔ステータスと電撃スキル、魅了スキルを持つことが多い。
真・女神転生』では百合子(ユリコ)と名乗り主人公の行く先々で妨害をしたり意味深な行動を取るキャラクターとして登場。

真・女神転生 Ⅳ』でも重要キャラクターとしてストーリーによく絡む。

メガテンシリーズにおけるお色気お姉さん代表。


リリスの関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

リリム

リリム
リリム 旧Ver
リリム
リリム
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

リリム(名前の発音はリリンともいわれる。)は、リリスが悪魔との間に設けた子。

新生児を襲ったり、睡眠中の男性を誘惑し、夢精させるとも云われる女性の淫魔である。(サキュバスと関連付けられることも多い。)

主に聖職者の男性を狙い、聖職者の男性にとってはもっとも身近で恐るべき悪魔であったという。

女神転生シリーズにおいて

種族“夜魔”の下位悪魔として登場。

真・女神転生Ⅲ』ではリリムを育てるとリリスに変異する。
リリスの御供。というか娘。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ニュクス

ニュクスの画像
ニュクス ソウルハッカーズVerの画像
ニュクス
ニュクス ソウルハッカーズ
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 

ニュクスは、ギリシア神話の原神カオスから産まれた夜の女神。
名前には、ギリシア語で「夜」という意味がある。

兄弟である暗黒の神・エレボスと結婚して、天空神・アイテールと昼の女神・ヘメーラー、地獄の渡し守・カローンをもうけた。

また一人で、死の神タナトス・眠りの神ヒュプノス・復讐の女神ネメシス、さらに運命の三女神(モイライ三姉妹)であるクロトラケシスアトロポス等、数多くの子を誕生させた。

主神ゼウスの治世と世界形成の助言者で、 ゼウスにさえ恐れられる女神。

人間の苦しみの原因となるさまざまな神や災いを産んだとされる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生Ⅱ』。

『真・女神転生Ⅲ』では「BARマダム」のママとして登場し、仲魔にすれば魔法アタッカーとして活躍する。

ペルソナ3』においては重要な悪魔だったりする…。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

マーヤー

マーヤー

マーヤーは、インド神話やインド宗教・哲学での概念や人物のこと。

元々は、ヒンドゥー教の創造神・ブラフマーなどが用いる「神の力」・「神秘的な力」という意味で、人を幻惑させる力という意味で「幻力」とも訳される。

後に現実世界がマーヤー(幻影)であり、真実の世界を覆い隠しているとされ「幻影」という意味に変化した。

その他にもゴータマ・シッダッタ(釈迦)の母である摩耶夫人(まやふじん)のことも指す。

6本の牙を持つ白い象が胎内に入る夢を見てシッダッタ(釈迦)を懐妊し、沙羅双樹(さらそうじゅ)の花(白い花)を取ろうとしたところ右脇より生まれたと伝わっている。

ただし近年の学説では本名ではない、ともされている。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『真・女神転生STRANGE JOURNEY』。

「想の揺れる地」セクター・グルースを支配するボス悪魔「母」の一柱として登場。かなり強い。

上記の「神秘的・幻力な力」といった概念と、(釈迦)の母である摩耶夫人(まやふじん)の要素を合わせて設定され、悪魔絵師・金子一馬氏によってデザインされた。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

フォーモリア

フォーモリア

フォーモリアは、『ケルト神話』においてダーナ神族と対立した海の底に棲む異形の巨人・フォモール族のこと。

大古のアイルランドを支配していた蛮族であり、巨大な石を苦もなく扱う恐るべき力をもつ人喰いの怪物であったとされる。

またその姿は、身体の一部が欠損していたり山羊や馬など様々な動物が組み合わさった醜い人型の巨人であったという。

西方から訪れる異種族の侵入を防ぐため、フォモール族の王であるブレスバロールといった王に率いれられて戦ったが、最終的にダーナ神族によって滅ぼされた。

女神転生シリーズにおいて

初登場は『デジタル・デビル物語 女神転生』。
種族”妖精”の最上位で、ハマなどの魔法が使える悪魔だった。

その後しばらく登場しなかったが、『真・女神転生Ⅲ』から種族”夜魔”となり、現在のデザイン(「金子 一馬」氏のデザイン)になって登場する。

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

この記事をSNSでシェア!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

error: 「このコンテンツのコピーは禁止されています。」