”アマゾンプライム”のことなら【あまぞんギーグス】!!

神樹

目次

イグドラジル

イグドラジル

イグドラジルは『北欧神話』に登場する九つの世界を支える一本の巨木。

ユグドラシル(表記の揺れ)とも呼ばれ、『北欧神話』世界の中心とされる。

日本では世界樹(せかいじゅ)、宇宙樹(うちゅうじゅ)とも呼ばれる。

「北欧」はヨーロッパ北部地方のこと。

・「 デンマーク」
・「スウェーデン」
・「ノルウェー」
・「フィンランド」
・「アイスランド」

の5か国をさすことが多い

北欧 
クリック(タップ)すると拡大します。

『北欧神話』に登場する九つの世界

1.アースガルズ(アース神族の国)
2.ヴァナヘイム(ヴァン神族の国)
3.アルフヘイム(妖精の国)
4.ミズガルズ(人間の国)
5.ヨトゥンヘイム(巨人の国)
6.ニザヴェッリル(小人の国)
7.スヴァルトアルフヘイム(黒い妖精の国)
8.ムスプルヘイム(炎の国)
9.ヘルヘイム(死者の国)

ただし「九つの世界」ははっきりしておらず、「スヴァルトアルフヘイム(黒い妖精の国)」は「ニザヴェッリル(小人の国)」と一緒にされたり、「ヘルヘイム(死者の国)」は「ニヴルヘイム(霧の国)」とも言われている。

この九つの世界がイグドラジルの中にあるとされるが、世界どうしのつながり・位置関係などはよくわからない部分が多い。

分かっていることは”とてつもなく大きい三つの根”が幹を支えており、その枝葉で世界の土台を支えているということ。

また頂上にはフレスベルグが棲んでおり、それぞれの根元には泉が湧いているとされる。

1.ウルドの泉

「ミズガルズ(人間の国)」の真下にある泉。

運命の三女神・ノルンが棲んでおり、イグドラジルに水を与えてお世話をしている。


2.ミーミルの泉

「ヨトゥンヘイム(巨人の国)」にある泉。

知恵の神であるミーミルが所持する泉で、水を飲むとあらゆる知恵を授かるとされた。

オーディンは右目を対価にこれを飲んだという。


3.フヴェルゲルミルの泉

世界の一番下に存在する「ヘルヘイム(死者の国)」にある泉。

ニーズホッグと無数の毒蛇が棲む醜悪な泉で、ニーズホッグイグドラジルの根をかじって養分を得ている。

イグドラジルの最後

イグドラジルは「九つの世界」を混沌の時代から支えていたが、神々と”巨人族(多種族も含む)”たちが起こした戦争「ラグナロク」によって崩壊が始まった。

「ラグナロク」は『北欧神話』における最終戦争のこと。

『北欧神話』の神々と”巨人族”たちが戦いを起こし、最終的に世界は滅亡し、多くの神々が亡くなった。

「神々の黄昏」とも呼ばれる。

そして最終的にスルトの持つ炎の剣「レーヴァテイン」によって焼き払われ、消滅してしまったとされる。

女神転生シリーズにおいて

初登場は原作小説の続編である『新デジタル・デビル・ストーリー(1990年)』。

前作で秘密裏に人間社会を支配するようになった魔族が、人間の生命エネルギー「マグネタイト」を収集するための街路樹という設定で登場した。

ゲームでは『真・女神転生Ⅱ(1994年)』で初登場。

種族”妖樹”の最上位で、ドラゴンと樹木が融合したようなデザイン(現在の画像)。
 

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

ナルキッソス

ナルキッソス

ナルキッソスは『ギリシア(ギリシャ)神話』に登場する美少年。

関連動画

©ATLUS ©SEGA All rights reserved.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次